×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

コンドロイチンとは

コンドロイチンは健康食品やサプリメントとして有名ですが具体的にどのような効果効能があるのでしょうか。まず、コンドロイチンには保水力があるので美容効果がある成分なのです。たとえば、赤ちゃんのお肌がツルツルで張りがありますが、赤ちゃんの皮膚内にはたくさんの水分が保持されているから張りがあるということが言われています。しかし、加齢と共に体内のコンドロイチンが減少し、肌に水分を保水しておく力が失われて量が減っていきます。すると肌の水分が失われることによって、肌が乾燥してきてしまいます。体を保護して水分の過剰な蒸散を防ぐ働きを持っている皮膚は、一番外側にある部分なので表皮と呼ばれています。皮膚と筋肉とを繋ぐ皮下組織と続いているのが、表皮の下にある血管、神経、筋肉などがまじった真皮という部分です。一般的に真皮の部分こそが皮膚そのものといわれています。その真皮の部分には70%ものコラーゲンと1%弱のコンドロイチンが含まれているものとなっています。このたった1%弱で保水効果を持っていることでコンドロイチンは張りのあるお肌にとって重要な成分であるといえるのです。



>>おすすめのコンドロイチンと口コミはこちら

美肌効果のあるコンドロイチン

皮膚の水分量を保持し、皮膚機能を維持するためにコンドロイチンは非情に重要な役割を果たしています。しかし、皮膚組織の中でコンドロイチンの比率はそれほど多くはありません。コンドロイチンを多く含むのが、健康な肌といえるわけで、水分をたっぷりと補給してコラーゲンの機能を助けてくれているからです。歳をとると、皮膚表面にできたメラニン色素が定着しやすくなり、シミの原因になります。これは表皮の代謝機能が低下してしまったことが大きく影響しています。皮膚にコンドロイチンが含まれると、表層の活性化を促進するのでシミ対策にも効果的です。たくさんある美容目的のサプリメントの中で、コンドロイチンが含まれるものがかなりあるのも頷けるのではないでしょうか。

コンドロイチンの効能

コンドロイチンの効能に神経痛を緩和する効果があります。神経痛は強烈な電気的な痛みが特徴です。気圧や寒さの変化など、ちょっとしたことで痛みが増すことも。冷たい風が顔に触れるだけで激痛が走るほどつらいのが、神経痛の中でも典型的な三叉神経痛です。神経細胞に酵素や栄養素を補充する細胞は、グリア細胞とよばれるものです。このグリア細胞はコンドロイチンなどを含むムコ多糖を分泌する働きがあります。このムコ多糖体の働きは、動物の細胞や繊維、組織、器官の間をしっかりと結びつけて保護し、栄養を補給するという非常に大切なものです。このムコ多糖類の生成に異常が起きると神経そのものの機能が大きく歪むことになるのです。コンドロイチンはグリア細胞や神経繊維の外側を包む膜に作用するのでその刺激を和らげてくれます。また、コンドロイチンは痛みの原因となる物質にくっついて一時的にその痛みを除去する働きがあります。その性質のおかげで、神経痛の激しい痛みだけでなく、コンドロイチンはギックリ腰や肩こりにも効果があるものなのです。てんかんの薬を使って、三叉神経痛を和らげることもありますが副作用の眠気が起きることも多々あるようです。このコンドロイチンをどうしようもない神経痛に悩まされている時は試してみることをおすすめします。

 

Copyright © 2008 コンドロイチンの効果

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。